男はツライよ!?それでも楽しく生きるのだ! クレヨンしんちゃんの町のテニススクールヘッドコーチの日常。
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
全仏女子準決勝観戦記
2008年06月06日 (金) | 編集 |
「蝶のように舞い、蜂のように刺す」
これはボクシング往年の名選手モハメド・アリを形容した言葉。

昨日のフレンチオープン女子準決勝のイワノビッチがまさにそう。
イワノビッチ

弾むようなフットワークで回り込んでのフォアの逆クロスのウィナー。

驚きです。

対するヤンコビッチはたとえるならアナコンダ゙!?

ムーンボール、シュートクロスなど緩急を織り交ぜながら、
相手のミスを誘う。

その真綿で締め付けるようなフプレーに、
華麗な蝶が試合の中盤飲まれこみそうになりましたが、

最後は自分のプレーを貫いたイワノビッチの勝利でした。
イワノビッチとヤンコビッチ


エナン無き後にニュー女王誕生でしょうか?
何より彼女のプレーには華があります。

女子決勝戦、注目いたしましょう。
ちなみに今夜は男子準決勝。
寝不足気味ですがみんなファイト~!

どうです?
たまにはテニス語れるんですよ!私(笑)

あっ、男子はナダルが勝ちましたね。
いよいよ大詰めです。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。