男はツライよ!?それでも楽しく生きるのだ! クレヨンしんちゃんの町のテニススクールヘッドコーチの日常。
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
NOMO
2008年04月16日 (水) | 編集 |
この男が今季二度目のメジャーのマウンドに上がった。
甦れ!トルネード

豪快なトルネードから切れの良いフォークでバッサバッサと三振を取る。
日本人メジャーリーガーの先駆者。

日本人初メジャー開幕投手、二度のノーヒットノーラン、オールスターゲーム先発・・・。
かつての彼の栄光は眩いばかり。

まっさらなマウンドが誰よりも似合う彼だが、今与えられている役割は中継ぎ。

セットポジションから投げる渾身のその直球は138キロ。
カウントの欲しい場面で微妙に外れる。
審判も無常。

表情こそ崩さないが、内面から込み上げてくる必死さが画面を通しても伝わってくる。

胸が熱くなる。
涙がこみ上げてくる。
こんな時にかける言葉はない。
ただただ祈るだけ・・・。

フォアボール。

こんな時にしか?バットに当たらない??ベルトレイのフルスイングの打球音に、
一瞬フェンスオーバーかと思い、頭を抱え、目を閉じる。

・・・、力が抜ける。

そして降板。

マウンドを降りるその時。
うつむき、得意のポーカーフェイスが一瞬歪んだ。
彼の無念さが伝わる。

先日1000日ぶりのメジャー復帰を華々しく報じたマスコミ。
まるでそれがゴールかのように。

でも。
多分彼の野球人生最終章になるであろう戦いは今まさに始まったばかり。
今、彼の置かれている現状を打ち破るために必死に戦ってます。

結果がすべての厳しい世界。

でもさっきイチローから三振を取ったフォークはとても煌いていて・・・。

ねぇヒルマン監督ぅ・・・。
せめて一度でいいから先発で投げる彼を見せて欲しいなぁぁ~!!
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。