男はツライよ!?それでも楽しく生きるのだ! クレヨンしんちゃんの町のテニススクールヘッドコーチの日常。
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
曖昧です。
2007年08月06日 (月) | 編集 |
テニスコーチの超基本として、
お客様の名前を覚え、そしてレッスン中は名前で呼ぶ。
と言うのがございます。

接客業として当然で当たり前のコトなのですが、
レッスンデビューしたてのコーチとしては、
名前を覚えるのは結構大変。

ですので、彼らも一所懸命覚えておりますので、
スクール生の皆様、たまに間違えても、
広い心で許してあげて下さいね。

こう見えてもテニスコーチ暦今年で20年の私。
この手の基本は当然出来て当たり前なのですが、
こんな私でも迷う、魔の?瞬間がございます。

それは・・・。

萩原さんって苗字の方にレッスンで出会った時、
呼び方が[ハギワラさん]なのか[オギワラさん]なのかを
つい迷ったり、たまに誤ったりしてしまいます。

ハイ。
私だってクサ冠に秋と書くのは[ハギ]と読むのは知ってます。

でもね。
いざそのような場面に出くわすと、
九割方[ハギ]と呼ぼうとするのですが、
一瞬[オギ]なのではないか?と言う迷いが
私の心の中で生じてしまいます。

そして暫しのパニック??の間、結局私は思わず

[んにゃぎワラさん]

と実に実に曖昧に発音してしまいます。

で、多分私が推測するに、
萩原さんは荻原さんって呼ばれるコトに慣れているので、
私の曖昧[んにゃぎワラさん]に対して「はい。」と返事をして
頂けるのです。

なので私はこの方が[ハギワラさん]なのか[オギワラさん]なのかが
益々分からなくなってしまうのありました・・・。

実にくだらない話でスミマセン。
全国の萩原さんゴメンナサイ!でした。
今後二度と間違えるコトが無いように、ここで固く誓います。

このお方が、
g629.jpg

健司さんなのか次晴さんなのか?はまったく別の問題ですね。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。