男はツライよ!?それでも楽しく生きるのだ! クレヨンしんちゃんの町のテニススクールヘッドコーチの日常。
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ゲン五郎日記 その2
2006年07月22日 (土) | 編集 |
お待たせ??いたしました。続編です!

ナント購入2日目にしてこの世を去った『タマコ』
・・・、長男ともども唖然として言葉が出ませんでした。

そこでゲン五郎が寂しくなるので、新たなパートナーを
求め長男、次男を引き連れて「島忠」昆虫コーナーへ。

3人で「世界最強のカブトムシ」のコーカサスオオカブトの勇姿に
思わず釘付け。
zyawa_100up_02.jpg

強そうでしょう!
でもね。一匹ナ・ナント4,980円!・・・ちょ、ちょっとね。

ゲン五郎のパートナーを見つけるのが目的の私。
ゲン五郎の戦い相手を見つけるのが目的の長男。
両者の希望通り「ふ・つ・うのカブトムシ♂と♀」の二匹を
購入しました。

帰りの車の中で命名Time。

【命名♂】⇒『タマ三郎』
【理由】⇒玉のように丸いから。・・・、じゃサブローは何??
【命名♀】⇒『チャンコ』
【理由】⇒ちゃんと卵を産んで欲しいから。・・・、親父ギャグかぃ??

060712_2020~0001.jpg

早速オス同士戦わせてみました。

060712_2020~0002.jpg

見合ったまま互いに動きません・・・。
やはり昼間は動きがスローのようです。
ちょっと期待はずれ?の長男。

でも実は『ゲン五郎』VS『タマ三郎』の期待通りの激しい戦いは夜繰り広げられております。
身体が一周り大きい『ゲン五郎』の方がちょっと有利のようです。
焼酎ロックを片手に深夜ず~っと見ているのがしばらくのマイブームでした。

『チャンコ』は昼も夜もず~っと土に潜ったままめったに出てきません。

しかしそんな楽しい日々もそう長くは続きませんでした。
ある朝『チャンコ』は頭半分を土の中に潜ったまま動かなくなっておりました。

さらに『タマ三郎』との永遠の別れが来るのにも
そんなに日にちは経ちませんでした。

・・・、ねぇ、何ですぐ死んじゃうの???

続く・・・。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。