男はツライよ!?それでも楽しく生きるのだ! クレヨンしんちゃんの町のテニススクールヘッドコーチの日常。
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Billy The Great!
2006年12月13日 (水) | 編集 |
最近ひょんな事からノスタルジックな気分に陥ることの多い私。
(むむっ、決して年を取ったわけではありません・・・。)

ピアノの部屋から懐かしの楽譜が。

Billy Joel
061213_1206~0001.jpg


丁度昨日の名古屋公演でJapanツアーを終えた彼。
本当は時間を作って観に行きたかったですが、叶いませんでした。

もう来ないのかしら・・。

ニューミュージック(今や死語?)一辺倒だった小学生の頃の私。
彼をきっかけに洋楽の世界に傾倒して行くのでありました。

ラジオから流れる♪You may be right
冒頭のガラスが割れる音に度肝を抜かれて
速攻レコード屋に走りました。

彼のLP(CDでは無論ありませぬ)を買い集めるのに
お小遣いの大半を費やしました。

当時メディアの音楽情報が乏しかったので、
LPを購入する基準はジャケットです。
いわゆる「ジャケ買い

迷いに迷って買った♪Turnstilesに収録されていた
♪New York State of Mindに出会った瞬間は
本当に嬉しくって、レコードが擦り切れるほど聞き込みました。

その後、当時ココアのCMソングだった(と思う)♪Honestyを
どうしてもピアノで弾きたくなり、
新星堂でこの楽譜を購入し、
小学校二年以来見向きもしなかったピアノの前に
再び座わることになったのです。
061213_1207~0001.jpg

あの美しいイントロをそのままを自分で弾くことが出来きて
すごく興奮したことを昨日のことのように覚えております。

それ以来、自分の好きな時に好きな曲を自分のペースで弾くことを
今日まで続けております。

なので腕前は一向に上がりませんがね。

ピアノとの良い関係を作ってくれたBillyに感謝ですね。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。